お腹に効く成分9種類が入っています、美爽煌茶

美爽煌茶って、烏龍茶やジャスミン茶と違い、あんまり耳慣れない名前のお茶ですよね。

 

美爽煌茶は食物繊維が豊富な成分が9種類も入ったお茶なんです。食物繊維ってお腹等にとってもいい影響をもたらすんですよ!色々入っていると苦いと思うかもしれませんが、美爽煌茶はアップルティーベースなので大変飲みやすいんです!

 

さてさて、ここでは美爽煌茶の成分9種類をご紹介します。

 

 

美爽煌茶の9種類の植物素材

 

 

【腸を良くするカッシア・アラタ】

サツマイモ20個分ほどの食物繊維を含むマメ科の植物です。キャンドルブッシュとも呼ばれます。便秘薬にも使われる「センノシド」を含み、即効性があります。サプリメント等の健康食品によく使われます。

【美容に良いローズヒップ】

栄養豊富なので、古くから特に女性に親しまれます。ビタミンCを多く含むため、美容だけではなく、体内への抗酸化作用やウイルスの抵抗力等に期待できます。喫煙者やストレス持ちの方には、不可欠の成分です。また血流改善や悪玉コレステロールの除去にリコピンが効くため、健康やダイエット目的の方に親しまれています。

【リラックスのカミツレ】

ハーブの一種として、カモミールティーやアロマオイル等、幅広く利用されます。リラックスさせる効果は勿論、発汗作用、口内炎等の炎症抑制、胃に良いとされます。古くから民間薬として親しまれてきました。

【飲みやすくなるアップルティー】

果物でも、古くから薬としての一面の持つリンゴ。果物なので、食物繊維やビタミン、ミネラルと栄養満点。腸や胃、疲労にも効果があります。

【腸内改善のカワラケツメイ】

外にも中にもお腹に良い、カワラケツメイ。マメ科の植物であり、健康に良いとお茶として飲まれてきました。下剤にも使われるアントラキノンや脂肪を吸収しづらくするリパーゼインヒビターで、腸内改善へ導きます。

【消化に効果大、麦芽】

食物繊維だけではなく、胃腸薬にも使われる消化酵素のアミラーゼが含まれています。ブドウ糖等を分解し、腸に吸収しやすくさせ、消化を助けます。

【漢方の力、エビスグサ】

決明子という漢方はこの薬草の種からできます。便秘改善から目の充血も解消させると中国で親しまれてきました。下剤のほか、ハブ茶にも使われます。神経痛や口内炎、胃がん等にも効果があります。

【栄養満点、麻の実】

アミノ酸が9種類に、ごぼうに匹敵するほどの食物繊維量。鉄分や必須脂肪酸等、健康や美容にも欠かせない成分が目白押しの食品です。必須脂肪酸は体外から摂取するしかなく、必要不可欠です。スーパーフードの他、古くは香辛料の一つとして、七味唐辛子にも使われます。

【熱に強いファイバー】

トウモロコシ由来の食物繊維を含みます。ミネラルは勿論の事、難消化性デキストリンが脂肪や糖分の吸収を遅くさせ、血糖値を抑えます。元々、食物繊維不足を解消させる目的で作られたため、腸も整える作用があります。

 

美爽煌茶はこんな人におすすめ

 

美爽煌茶の主な成分9種類をを紹介しました。ダイエット効果や腸内環境を整える働きなどは、こんなにたくさんの成分から構成されているんですね。美爽煌茶、ぜひお試しください。


通常価格 3600円(税抜)
定期ボーナスコース 3000円(税抜)
内容量 1箱30包入り30日分、1包3.5g、一日あたり約100円

※コースの内容変更・休止はいつでも可能です