美爽煌茶の副作用とリスク

美爽煌茶は毎日のスッキリをサポートしてくれると評判の健康茶です。口コミや評価の書き込みも多いんですが、その中に気になる声を見かけました。

 

それは、美爽煌茶を飲んで下痢になった」とか腹痛があったとかいうものです。

 

美爽煌茶を試してみようかなという人にとっては気になる副作用ですよね。

 

そこで本当にこのお茶は危険なのか調べてみました。

 

 

口コミでの副作用についての情報はホント?

 

美爽煌茶は、よくある便秘茶に比べると、カッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)の配合量が多いようです。それは、実際にティーバックでお茶を出してみるとわかるようで、3分浸すだけでもしっかりと効果を感じたという人もいます。このように、お腹のアプローチ力が高い、スッキリ感を速攻的に得られるというメリットがあります。しかし、一方で、まれに効果的過ぎるケースもあるのかもしれないですね。

 

美爽煌茶の飲み方で注意したいこと

 

美爽煌茶の濃さ調整

 

美爽煌茶の飲み方として記載されている抽出時間は3分です。このため、中には効果が効きすぎて副作用が出たというケースもあるようです。ですので、飲んでみて効き目が強いと感じた時は、抽出時間を短くしてみましょう。そうするだけで、下痢や腹痛などの副作用の危険性が小さくなるはずです。

 

美爽煌茶の成分は下剤薬と一緒?

 

美爽煌茶に含まれているのは、キャンドルブッシュです。

 

このキャンドルブッシュは、センナと同程度の効果があるらしいんです。センナというのは下剤にもよく使われるものです。とはいえ、キャンドルブッシュはあくまで食品です。センナ成分に似た効果があるものの、下剤とは異なるものです。

 

ただし、過剰摂取すると下剤と変わらないくらい強い効果があるので、摂りすぎには注意しましょう。健康茶を選ぶ人の場合、下剤薬には頼りたくないという思いがあると思います。便秘茶は1日1杯から始めてみるのがオススメです。

 

便秘茶は下剤とは異なります

 

便秘茶は基本的に飲む量に気をつけていれば、下剤のように慢性便秘のリスクもありません。便秘茶にかぎらず、サプリメントなども同じですが、摂取しすぎるのは危険です。美爽煌茶も、過剰摂取をすると副作用のリスクが高くなるので、注意しながら利用することが大事なんです。

 

妊婦さんは美爽煌茶の飲用ができません

 

美爽煌茶は妊娠中の女性にはあまり推奨されていません。それは、美爽煌茶に含まれているカッシア・アラタ(ゴールデン・キャンドル)には子宮収縮の作用があり、早産や流産などのリスクが大きくなるからです。

 

妊娠中の便秘が気になる人は、キャンドルブッシュ成分は避けることをオススメします。

 

美爽煌茶の副作用とリスクのまとめ

 

美爽煌茶はお薬ではありませんので、副作用はありません。そもそも副作用というものは、医薬品にしか起こらないものとして定義されるからです。それでも、美爽煌茶を飲み過ぎるとおなかがゆるくなるケースもあるので、心配な人は薄めにして飲み始める方が良いでしょう。

 

また、食品アレルギーがある人は、原材料を確認してから飲むようにしてくださいね。また、美爽煌茶にはカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)が配合されており、これには母体の子宮を収縮させてしまう作用があるとされています。ですので、妊娠中や授乳中の方は美爽煌茶の使用は控えるべきでしょう。

 

その他、お薬を服用中の方は信頼できる医師に相談されてから使用を決めると安心ですね。


通常価格 3600円(税抜)
定期ボーナスコース 3000円(税抜)
内容量 1箱30包入り30日分、1包3.5g、一日あたり約100円

※コースの内容変更・休止はいつでも可能です